Secret Japan SEP 13

Secret Networkの概要 Secret Network Japan Sep 13


Secret Networkは、分散型アプリケーションの暗号化されたコンピューティングを可能にするブロックチェーンプロトコルです。アプリケーションがプライベートデータを使用できるようにするRustコードは、Secret Network上で「シークレットコントラクト」と呼ばれています。シークレットコントラクトは、Ethereumで使用されているようなスマートコントラクトに似ています。キーとなる違いは、シークレットコントラクトが暗号化された入力を受け取り、暗号化された出力を生成することができ、使用中は一切のデータを公開しないことです。また、コントラクトステート(内部の永続性を持つデータベース)は、実行中も暗号化されたままです。

ブロックチェーン上のデータはデフォルトで公開されます。これは、ユーザーデータ、個人を特定できる情報(PII)、投票、ジャンケンやポーカーなどのゲームの振る舞いなど、センシティブな情報を利用するアプリケーションにとって問題となります。Secret Networkは、プライベートコンピューティングにより使用中のデータの機密を確保し、上記のような分散型アプリケーションの問題を解決することを目的としています。

例えば開発者は、「個々の投票結果は明らかにされないが、全体の結果は正しく証明可能である」という特徴を持った投票アプリケーションを作ることができます。また、クレジットスコアリング(信用評価)アプリケーションでは、ユーザーが提出した検証済みのデータに基づいてスコアを生成することができますが、その際、センシティブなデータを参照することはありません(または、チェーン上に保存することもありません)。多くのアプリケーションでは、データの機密性が要求されますが、特にブロックチェーンベースのアプリケーションではその実現が困難です。

Secret Networkは分散的なので、ガバナンスの決定はコミュニティが行う投票によってまとめて行われます。ネットワークは、デリゲーターと、Delegated Proof of Stakeモデルに従ってブロックを承認/生成するバリデーターによって運営されています。ノードオペレーターは、新しいブロックを承認/生成することでSCRTの報酬を得ます。ユーザーは自分のトランザクションを承認してもらうために、SCRTをネットワークに手数料として支払います。

Secret NetworkはCosmos SDKで構築され、コンセンサスエンジンにはTendermintを使用しています。Enigma社は、プライバシーを保護するアプリケーションや暗号化されたコンピューティングサービスを提供する企業です。事業の一環として、Enigma社はSecret Networkの中核的な役割を果たしています。

データのプライバシーを実現するために、Secret Networkはキーマネジメントと暗号化プロトコル、およびTrusted Execution Environment(TEE)技術を組み合わせて使用しています。


22 views0 comments